自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣

自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣

不動産を購入の時には色々と注意が必要。

自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣
子供が出来たときや人生の節目を迎えたとき、誰しも考えるのが不動産を購入することだと思います。不動産の購入を考えたとき持ち家と賃貸どちらがいいのか必ず話し合うテーマではないでしょうか?でも持ち家がいいのか賃貸がいいのかはライフスタイルによって全く変わってきます。基本的には賃貸と持ち家、どちらにしても費用はさほど変わりません。ただ、やはりリスクが高いのは持ち家になります。確かに持ち家であれば、自分の好きなようにリフォーム出来たり、老後の住居の費用も心配しなくていいというメリットはあります。持ち家をもし購入する場合、マンション・一戸建てどちらを購入するにしても安いものでも3000万程度はかかります。

もし、景気が下がって年収が下がった場合、どうやって支払っていくのでしょうか?賃貸であれば、家賃の負担が大きいと感じたなら簡単に住み替えをして新しいマンションを探せばいいことです。でも、持ち家の場合そんなに簡単な話ではありません。本当に支払いが苦しくなり、出来なくなったときにはローンですから最悪の場合ブラックリストに載ったり、自己破産をしないといけなくなる可能性もゼロではないのです。せっかく手に入れた持ち家ももちろん手放すことになり、最悪の場合ローンだけが残ってしまうことも十分ありえます。そう考えると不動産を取得するときには十分吟味した上で購入しないと後々大きな後悔することもあるので注意が必要ですね。

Copyright (C)2017自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣.All rights reserved.