自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣

自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣

不動産は買うか借りるか

自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣
不動産を購入するということは自分のものになるということで資産となりますが、賃貸では借りるということなので契約という形になります。私は今までは不動産を購入の方向で考えていましたが、ある意見によって賃貸もメリットがあるとおもいました。それは購入はイコールその場に定着するということですが賃貸は何かあれば移動も可能ということです。

賃貸ならばもし転勤や子供が何かあったときに引っ越すことも可能ですが、購入となると簡単に引っ越すことは難しいことだと思います。現在は不動産の売却は購入したときよりも値段はかなり下がり、下手をすればローンだけ残り、家だけ手放すことにもなります。他にも賃貸は家の補修費も掛からないということや、固定資産税も掛からないというメリットもあります。不動産購入という資産が増えることはありませんが、逆にローンなどの負債を抱えなくてよいということや、自分が気にいった部屋に住めるということなどもあります。ただ問題としては、借りる前には契約金や保証人を立てなければいけないなど少しだけ手が掛かるということでしょうか。そして引っ越すときも保証金から部屋の補修費としていくらか引かれることもあります。そういう面では不動産購入というのもありといえばありではないでしょうか。不動産購入の場合は一括で現金支払いの場合は保証人も必要ないですし、ローンが残るということもありません。その時は一気に資産は減りますが、家賃負担がへるということであればその後貯金を増やすことも可能ですし、もし、車を所持しており、駐車場付きの家を購入したのであれば、駐車場代も掛かることはなくなります。私からすれば資産として残したいのであれば(購入)であり、もし何かあることを想定すれば(賃貸)がよいのではないかと思います。

関連キーワード

Copyright (C)2017自分にも来客にも心地よい不動産探しの秘訣.All rights reserved.